終活・相続・介護・生前整理・遺品整理・相続登記などに関するご相談

今から始める終活  もし、あなたのご両親が認知症になったら?介護は誰が?介護者の生活や心労は想像を絶する物です。一番大切なことは一人で抱え込まないこと、誰かに話すこと、その話し相手のサービスも実施しています。話すことで心が楽になります、小さいことと思われるかもしれませんが、長い暗闇のトンネルを一人で歩くのは一人では辛い、私に話すことによって息抜きをしてください。                                                                                        相続財産が「実家の土地建物と少しの現金だけ、相続は自分には関係無い」と思った“あなた”にお届けしたい。40歳を過ぎたら生前整理や終活をしたいけど、生前整理も終活も何から始めたら良いのか?専門家にお願いすると大きな出費になるし、どの専門家に頼めば良いのかも分からない。                                             家族会議支援-ご両親が60歳になったら生前整理、終活、介護、相続について話し合う機会をもってほしい。でも皆さん「言い出しにくい」ようです。そんなときは私が間に立って「笑顔家族会議」の進行役をさせていただきます。                                             もちろんご両親からのご相談でも構いません。ご家族が元気で笑って話せるうちに、何が問題になるの?認知症になったら?などを笑顔で家族会議のお手伝いをさせていただきます。

手島 英雄

気軽に相談できる

相続診断士・ファイナンシャルプランナー
日本FP協会認定
ファイナンシャルプランナー

生前整理や終活、介護について
専門家の難しい話を簡単にお伝えするように心がけています

 

 

相続

生前整理は人(心)・物・介護について元気なうちに話し合うのが大切
笑顔で家族会議を開催

相続は相続税だけが問題とされがちですが、もっと大切な事は、相続人と相続人の周りの親族を巻き込んでしまうような人間関係のトラブルです。

お金は無いけど住んでる家だけを平等に分けられますか?両親の介護した人、してない人、できなかった人、兄弟姉妹で本当に相続財産を平等に分けられますか?事前の対策で解決できることもありますのでご相談ください。

ご両親が60歳になったら聞いて欲しい話、相談して欲しいこと。「笑顔の家族会議」のお手伝いをさせていただきます。

ご相談 相続

 

 

片づけ・生前整理・遺品整理

若い頃には普通にできていたことが、高齢者には体力的にも精神的にもできなくなってしまうのが現実です。最初は少しの物でも気付いたら不要品の山、今さら気力・体力的にも片づけられない。

一人で悩まないでください。離れて暮らすご両親は大丈夫ですか?

不思議なことですが、「物の整理」をすると「心の整理」となり、再び心が生き生きする人も多いのです。

将来も使用しない家財・布団、衣類、着物、什器などが沢山あるものです。部屋の片づけや整理のことは気軽に相談してください。

 

空家

空き家管理と有効活用

空き家も相続財産です。
中にある物全てが相続財産。固定資産税も毎年必要。物を処分するにも100万単位の処分費が必要なケースも。
解体にも多大な費用が必要です。

よほどの好立地な物件以外は、古くなればなるほど買い手が見つからないのが現状です。
ご両親が施設に入所された後のことなども、家族で元気なうちに相談してほしいことの一つです。

空き家は傷みのスピードが早く放火や犯罪に利用される可能性も大です。

窓を開け風を通すだけでも違います。

相続手続きは期限との戦い

例えば相続放棄は3ヶ月以内、亡くなった方の確定申告は4ヶ月以内、相続税の申告・納付は10ヶ月以内。相続の実務経験が豊かな税理士・弁護士・司法書士のお知り合いはいますか?

相続税の各種控除を利用する場合の大前提は、期限内の申告書の提出により認められることです。
遺産分割で揉めている場合、期限内の申告書の提出が困難となります。事前の対策をおすすめします。

相続の専門家にお繋ぎしサポートします。

専門家

親孝行

安否確認 親孝行できるのは?

高齢者の一人暮らし、両親が心配だけど遠方だから行きたくてもなかなか会いに行けない。

高齢者ご夫婦の介護生活。

心配ですよね。心から寄り添い、あなたの代わりにお会いしてきます。

状況を電話またはメールで報告させていただきますのでご安心ください。

安否確認・見守りサービス

介護

終活・生前整理・相続・介護に特化したFP事務所

手島 英雄がこだわる終活・生前整理・介護・相続・笑顔で家族会議支援

 

私自身が45歳を過ぎた頃から、人生の折り返しを意識し、今まで支えてくださった方への恩返しと社会貢献のために、できることを考えはじめました。

そんな時「エンディングノート」に出会い、終活について学ぶようになり「相続診断士」へたどり着きました。

私が50代になると、祝い事よりご不幸や揉め事が、お客様を取り巻く環境の中で頻繁に発生しはじめ、お話をお聴きしたりアドバイスする立場になっています。

 

ファィナンシャルプランナー・相続診断士として 

相談者様の考えや気持を傾聴する姿勢で、内に秘めた気持を出してもらい

その気持を受け止めることにより、円満な笑顔相続の手助けをさせていただきます。

相続はお金の勘定より、気持の感情の揉め事が多いため、お話を傾聴しながら相続に対する悩み事を「笑顔相続」へと導きます。

 

 

私の考える終活

  • 「家族会議をコーディネート」親が60歳になったら聞いて欲しい話
  • 「年金だけに頼らない、資産づくり」
  • 「独身女性・独身男性の生涯生活費の確保」
  • 「自営業・退職金の無い経営者の家賃収入で退職金づくり」
  • 「生前整理・遺品整理」
  • 「空き家管理と有効活用」
  • 「気持と資産の相続対策」
  • 「高齢者の安否確認と生活お助け」
  • 「介護者が疲弊して潰れないための情報提供」
     
注意 係争事・税金・相続登記などは、各専門家士業の方にお繋ぎし、あなたの横に寄り添います。(依頼者の方は私が横に付いていることで、普段関わりの無い士業さんとのやりとりも安心されています)各種法律法令に反する依頼は承れませんので予めご了承願います。
手島 英雄