サブリースⅠそんな場所にマンションを建てる必要ありますか?

投稿日: カテゴリー: ブログ&お知らせ, 不動産投資 ブログ

そもそもそんな場所に マンションやアパート建てる必要ありますか?

 

サブリース問題 パート1

 

サブリースとは 概要(Wikipediaより)

サブリースとは物件を一括賃借し(マスターリースともいう)

それを分割またはそのままの規模で第三者に転貸する事業形態である。

物件の所有者が運用ノウハウ、運用体制をもたない場合などに

サブリーサーにフィーを支払って運営代行を委託し

サブリーサーは自社の持つノウハウ、人員を用いて物件を円滑に運営する

長期的に家主の利益を保証する契約ではないため注意が必要である。

 

サブリース契約は一般消費者には理解しにくい点があります。

賃貸借契約は、借地借家法という法律に基づいて交わされ、

この法律は、貸す側(今回の場合はアパートオーナー)が

強い立場にあるということを前提に

借主(今回の場合はサブリース会社)を

保護するために定められています。

借主には将来の家賃の増減額を主張する権利

賃料増減額請求権」があります。

 

簡単に言うなら入居者は「周りの物件の家賃に比べて

自分が借りている家賃は近隣同条件等と比較し不当に高すぎるから

家賃を下げてください」とアパートオーナーに

請求することができるということです。
(全てが認められるかどうかは別です)

 

サブリース契約の場合は、アパートオーナーからみた入居者は

一括借り上げの契約をしたサブリース会社となります。

 

サブリースの注意点については、全て書くと長くなるため

続きはパート2で書きたいと思います。

 

 

結論 冷静に考えましょう! 

サブリース契約しないと不安になるような場所に

マンションやアパート建てる必要はありますか?

 

長期的に需要が見込まれる場所なら

管理代行契約だけお任せすれば手取金額は増えますが・・・

 

愛知県 名古屋市 不動産投資 マンション投資についてファイナンシャルプランナーと考えてみたい方は、トータルライフ FP事務所へご相談ください。