幸せの青い鳥がやってきた(^_-)

投稿日: カテゴリー: ブログ&お知らせ, プライベート

昨年、母が施設へお世話になることになり

残された小さなインコ(ぴ~ちゃんと呼ぶ)が

私の部屋にきています。

 

母が可愛がっていた”ぴ~ちゃん”

母が本当は一緒に連れて行きたかったのですが

やはりルールがあるため無理(>_<)

 

 

ゆえに「幸せの青い鳥」として私の部屋に連れてきて

時間の空いたときは、肩に乗ったり腕にとまったりして

遊んでくれたり、私の気持を優しくしてくれます。
皆さんや、皆さんのご家族にペットを飼っている人いますよね?

何かあったときに誰が面倒を見てくれるのか?

可愛がってくれるのか?

決まっていますか?話し合っていますか?

 

 

しかし、私の家に残されたペットが 「ドーベルマン」のような

勇敢な犬だったりしたら、こんなに簡単に連れてこられなかったはずです。

お住まいの状況によっても、ペット禁止の場合は飼うことができません。
可愛い動物たちに責任はありません。

飼い主の方も最後まで面倒を見るつもりだったはずです。

生前整理の1項目として、残されたペットを誰が面倒を見るのか?

事前にお考えください。

 

 

今回の私の様に、両親が施設に入所し

生きている場合でも飼えない状況になることも。

元気なうちに家族で考え、話し合ってください。

 

 

小さな可愛い、ぴ~ちゃんは私の心を和ませてくれる
母が可愛がった「幸せの小さな青い鳥」なのです。

これこそ「想いをつなぐ」ということなのかもしれません。

 

今日も最後までお付き合いくださり、有り難うございました。

感謝!(^^)!