終活をコーディネート 生前整理・遺品整理・相続税還付相談 


相続診断士の手島がの目指す笑顔相続

注意 係争事・税金・相続登記などは、各専門家士業の方にお繋ぎし、あなたの横に寄り添います。(依頼者の方は私が横に付いていることで、普段関わりの無い士業さんとのやりとりも安心されています)各種法律法令に反する依頼は承れませんので予めご了承願います。

終活に決まった形はありません。10人いれば10通りの終活があり、何をするのかも人それぞれです。「今をより良く生きるため、残された人が困らないために」が終活の目的です。
あなたの想いに寄り添い一緒に考え、サポートさせていただく終活コーディネーター

相続コンサルタントの役割

相続発生前の相談と相続発生後の手続きをサポート
終活・生前整理・遺品整理・相続のワンストップサービスを実施。
相談者様が生前整理や遺品整理、相続の処理で、今日は税金のことで税理士に相談し、明日は不動産の登記で司法書士と会うなどの手間と精神的な負担を無くし、当事務所が窓口となり相談者様が必要とする専門家のチームをつくり対応させていただきます。終活・生前整理・遺品整理・相続対策をサポート

既に相続税を納めた方へ 納め過ぎた相続税払い戻しについての相談
相続財産の額が大きく、土地の割合が大きい場合は多額還付の可能性が大です。
申告期限から5年10ヶ月以内の方が対象となります。

 

生前整理・遺品整理のお手伝い 想像以上に使っていない物はあります。
家の中、押し入れの中を見渡して見てください。あなたが70歳としたらご自身で

  • 片付けをする体力や気力はありますか?
  • あなたは将来その荷物の片付けをする自信がありますか?
  • やらないと・・やりたいけど・・どこから手をつけていいのやら?
  • 第三者のお手伝いは必要です。一緒にお片付けを考えてみませんか?
終活・生前整理・相続対策

生前整理は物・心・情報などを 元気なうちに家族で!高齢になるほど使わない物でも手放せなくなる傾向があります。

納め過ぎた相続税の還付相談

相続税申告書の見直し、相続税を支払い土地の割合が大きい場合は多額還付の可能性大。特化した税理士・不動産鑑定士とチームを組み対応。(相続税の申告期限5年以内等の条件あり)

墓じまい・納骨堂準備のお手伝い

お墓が遠い 独身で後継者不在でお墓の面倒を見る人がいないケースが増加 生前に解決

終活や相続に関して”専門家”のご紹介 生前整理や相続は団体戦

普段は縁の無い専門家 司法書士・税理士・弁護士など専門家とチームを編成

介護や認知症についてのお悩み相談

終わりの見えない介護 心身が疲弊します お悩みをお聴かせください 使える制度は使う 介護は情報戦

100才時代に備える資産づくり じぶん年金づくり

老後は想像以上にお金が必要 お金がないと各種サービスが受けられません 具体的にどんな費用が必要?

初めまして、相続診断士の手島です。あなたの悩みをお聴かせください 解決へと導きます。
言い出しにくい話、家族の想いをつなぐためのサポート 

私の考える"終活・生前整理・相続対策"

生前整理は物・心・情報・老後の生活・相続について考えるなど、人によりするべきことが異なります。中でも後々の兄弟姉妹間の争続(あらそうぞく)を避けるために、笑顔で話せるうちに想いを伝え合うことが重要になってきます。
"親が子供に対して想いを打ち明ける"、"子供が両親のことや兄弟姉妹間の関係、将来の役割を話し合う"のも生前整理。物の片付けだけではなく、"家族が幸せな生活を続けるための"「ご家族への愛、ご家族への想い」と考えていただければ幸いです。

例えば、ご両親が100歳ちかくで他界された場合、その子供さんも70歳を超えており役所や年金事務所、銀行などでの手続き、ご自宅の相続登記の手続き、相続税の申告などは年齢に関係なく処理をしなくてはならず、長期間の介護で心身共に疲弊している状態での生前整理・遺品整理は大変というより無理なのかもしれません。

"今からを明るく元気に生きるための生前整理"
ご家族の笑顔が増えるようにお手伝いさせていただいています。


相続診断士の手島と温かみある専門家との対談

家族の想いは笑顔で元気なうちに家族で話す機会をもってほしい

ご両親が60歳になったら聞いて欲しい話
人生100才時代と呼ばれる時代に突入しました。昔はおこらなかった家族間の争いが発生しています。長生きゆえに認知症の発症、終わりの見えない介護生活が心身を疲弊させていきます。核家族化や少子化により親の面倒を見てる人、遠方にいるなどの理由により協力ができない人など、悲しいことですが公平は存在しないのが現実。

一番多い事例として、ご両親が生存している間は「我慢や辛抱」という形で爆発しそうな火種を心の中に隠し、ご両親が他界後にたまりに溜まった気持ちが表面化して争続(あらそうぞく)に発展してしまうケース。ご両親が兄弟姉妹の争いを望んでいるはずはありません。一番の原因は元気に笑顔で話し合えるうちに何もしなかったことから起こることが多いのです。

あなたは「ご家族がいよいよ危ない」という状況で笑って話し合えますか?認知症を発症してからでは話し合いは困難です。昔は相続といえばお金持ちの話、相続税の話でしたが、今は気持ちの揉め事が問題になっています。家族で話してみる機会をサポートさせていただきます。

両親が60歳になったら生前整理や終活、介護、相続について話し合う機会をもってほしい。
だれに相談したら良いのか、お困りの人がほとんどです。一緒に考えてみませんか?

年齢を重ねる毎に現実が見えてしまい、気が付けば笑顔で話をする機会を失う傾向が下の状況です。
手遅れにならないうちに・・・

詳しく見る

終活・生前整理・相続対策のお手伝い

親が100歳になったら、あなたは何歳ですか?

生前整理 元気なうちに少しずつ整理しないと大変なことに。
あなたが25歳の時の子供なら 親が100歳になった時あなたは75歳です。
精神的にも肉体的にも、残された物の片付けをする自信はありますか? 

生前整理は暗い話ではありません。子供から「思い出を探したい」と言い出せば、両親に対しての「言い出しにくい話」の壁を乗り越えられるかもしれません。長生き100歳時代を迎えた今日では、 介護施設への入所により自宅が荷物を残したままの空き家となってしまいます。

ご両親が不在となった後での荷物の整理や片づけはゴミ処理とは異なるため、家族の想いが詰まった品の整理は心と身体に大きな負担となります。実際に私が実施した両親不在の家の生前整理の記録を詳しく見るからご確認ください。

詳しく見る

高橋夫妻との対談(お客様の声)
中村様のとの対談(お客様の声)