ゴールは決まっている

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, 終活・相続 ブログ

地元 愛知の終活・生前整理・相続の相談窓口のトータルライフです。

 

先日の60代後半、独身女性からのご相談

ある程度資産をお持ちの女性です。

ご相談内容は、「自分が将来お金の管理などができなくなった時に

どうしたら良いのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様からの先に私に伝えられた警告

「特定の銀行や証券会社の紹介はしないでください。

なぜなら自社の商品の斡旋するだけだから・・・」

 

さすがしっかりしておられます。

確かにおっしゃる通りなのかもしれません。

特定の会社に相談した場合は「自社の商品がゴールにあり」

そこに至るまでの、都合の良いストーリー、セオリーを作成し

提案してくるのですから。

これも会社としてのあたりまえの利益追求だから仕方ない道理なのですが?

 

長年相談を受けた経験から思うことなのですが、

「木を見て森を見ず」の状態の方が多いということです。

 

例えば、生命保険の相談に行き勧められるがままにご契約をしてしまう。

さて、お客様としてはこの時点で資産づくりにまわせる予算の

大半を勧められた生命保険の保険料を支払うことになってしまっています。

 

結局、良い商品は残し他の資産づくりに資金を回すために一部を解約。

毎月の保険料総額が4万円とした場合、他の方法での資産づくりのため

毎月2万円分の保険料を12ヶ月支払った時点で解約。

大半は12ヶ月くらいでの解約での戻しは0円。

24万円が消えてしまいます。

 

こんなことなら、相談料無料が良かったのか?

有料相談でも、全体を見渡してくれるファイナンシャルプランナーなどに

相談料を支払い相談をした方が良かったのか?

 

話が脱線してしまいそうですね^^;

 

今回のご相談者様には、私が旗振り役となり

時間を掛けてご要望や現況、将来起こるだろう問題などを傾聴し

必要に応じて専門家にお願いし対応することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれの考え方は否定はしません。

が・・・「特定の会社に相談した場合はゴールは決まっている」を

思いだしていただき、一端立ち止まって冷静に考えていただければと思います。