手遅れにならないうちにお話ししましょう!

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, 終活・相続 ブログ

こんにちは! 相続診断士&ファィナンシャルプランナーの手島です。

人生100年時代・・・でも家族の将来、自分の将来について笑顔で話合える機会は、そ

んなに長くないのが現実です。

私がご相談を受ける中で、被相続人さんの年齢によって微妙な雰囲気、いや明らかに不穏

な表情と胸の内を強く感じるケースが多いです。

 

わかりやすく言うと、被相続人が80歳代の場合は来年、10年後に自分がどうなってい

るのかをリアルに頭の中に描いてしまうから、不穏な気持ちや表情になってしまいます。

 

子供からしたら、なかなか言い出しにくい話であり、被相続人としてはどんどん楽しい話

ではなくなっていくから仕方ないのです。

 

図にすると下記のような状態になっていはます。

子供が小さく、おじいちゃん、おばあちゃんが運動会などを一緒に見に行ける楽しい時期

は、なかなか思いつかないことも経験上よくわかります。

ただ、将来困るのは誰でしょうか?

 

どんな相続のテクニックを使い準備万端にしても、兄弟姉妹などの家族の仲が悪ければ

争い事に発展します。まずは、笑顔で話せるうちに少しずつ話をしてみてください。

 

本日も最後までお読みいただき有り難うございました。