実録!高齢者は医療費がかからないは間違いです

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, 終活・相続 ブログ

こんにちは。相続診断士&ファイナンシャルプランナーの手島です。

「実録!高齢者は医療費がかからないは間違いです!」

セミナーで聴いた話、本で勉強した話ではありません。私の父母の

現在進行形の実態です。

ご自身の老後の備えやご両親の老後について話し合うきっかけにし

ていただければの想いです。

 

下の病院の領収書写真は父が昨年の10月8日から入院し10月

31日までの24日間の病院に支払いをした領収書です。

 

金額は66,640円です。誤嚥性肺炎で入院しましたが積極的な

治療をしていません。そしてこの病院は公立病院のため良心的な請

求内容だと思います。(一般の医療法人などは、治療費の他、日常

の生活用品等、毎日のリース料などの請求があたりまえにきます)

 

24日分で66,640円です。積極的な治療が加わればもっと請

求金額は増えます。

この請求は月末締めの請求のため、またまだ翌月以降の支払いは続

きました(*_*)。

「高額医療制度があるから大丈夫ですよ!」などの声が聞こえてき

そうですが、適用されるのは医療費の部分であり、食事代、病院の

パジャマ、リハビリパンツなど日常生活費用は対象外です。

テレビカードにしても1日1,000円としても30日で3万円。

その他、家族が病院に通えば交通費なども必要となってきます。

 

この話、ピンとこない人も多いと思いますが、現役世代の支出では

ありません。年金生活者の支出です。

 

あなたの老後は大丈夫?

ご両親の老後は大丈夫?

 

経験したからこそわかること、少しずつお伝えしていきます。

少しでも考えていただけるきっかけとなれば幸いです。

 

本日も最後までお読みいただき有り難うございました(^_^)v