実録!何もしないとこうなる悲劇 不動産?違う→負動産へ

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, 未分類, 終活・相続 ブログ

こんにちは。相続診断士&ファイナンシャルプランナーの手島です。

「実録!何もしないとこうなる悲劇 不動産違う→負動産!」

セミナーで聴いた話、本で勉強した話ではありません。私の現在進行形の実態です。

ご自身の老後の備えやご両親の老後について話し合うきっかけにしていただければの想い

です。

 

誰も引き受けてくれない、不動産の名義変更・・・

長生き100年時代に突入している弊害として、実家を処分できない問題があちらこちら

で勃発しています。

私の父も春日井市の某所に分譲マンションを一部屋所有しています。

空き家でも管理費や修繕積立金、固定資産税、火災保険などの支払い義務は続きます。

 

「売ればいいじゃん」と何人の人に言われたことか?

 

まず私の名義ではないのでこのままでは売れません。

私の名義に換えようとしても、司法書士さんは本人の売却または贈与の意思確認をしなく

てはなりません。

 

持ち主の父は認知症で毎日言うことが違う状態。

このような父の状態から判断され、司法書士さんも将来相続が発生した後に、他の相続人

から追求される恐れが多いため、丁寧にお断りされています。

 

 

実録、下の写真が実際に通帳から引落されている管理費と修繕積金です。

月々14,500円 年間174,000円 10年間で1,740,000円になりま

す。これに年間39,000円の固定資産税、火災保険料が発生しています。

 

「売ればいいじゃん」とよく言われますが、そう簡単には売れそうもありません。

この物件の売却価格は200万円から300万円が相場???

毎月の諸経費の累計を計算すると驚きより嘆きです。

 

みなさんのご実家は大丈夫手ですか?

子供の頃に育った思いでいっぱいの家ですが、駅から近いなどのよっぽど条件が良くない

限り希望の高い値段では売れません。

 

昨今は、子供達は別の場所で自分のマイホームを持ち生活している家庭が多く、実家に住

む人が圧倒的に少ないようです。

 

現状、この物件は相続が発生しない限り放置しかないようです。

 

問題?もし相続が発生したら、この物件をあなたなら相続したいですか?

正直私はしたくないです・・・「毎月の経費ばかり掛かりいつ売れるか?」のためです。

 

では、私達家族はどうしたら良かったのでしょうか?

数十年前、父母が元気なうちに家族で話し合うべきでした(^_^;)

 

これが「何もしないと、こうなる。不動産が負動産になるということです」

あなたの老後は大丈夫?

ご両親の老後は大丈夫?

 

経験したからこそわかること、少しずつお伝えしていきます。

少しでも考えていただけるきっかけとなれば幸いです。

 

本日も最後までお読みいただき有り難うございました(^_^)v