先のみえない介護人を抱える介護者の心のサポートがない!

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, 未分類, 終活・相続 ブログ

こんにちは。相続診断士&ファイナンシャルプランナーの手島です。

「先のみえない介護人を抱える介護者の心のサポートがない!」

セミナーで聴いた話、本で勉強した話ではありません。私の現在進行形の実態です。

ご自身の老後の備えやご両親の老後について話し合うきっかけにしていただければの想い

です。

 

 

介護制度の充実はもちろん大切なのは絶対のこと。

ただ、題名の通り、いつまで続くかわからない介護する側の心のケアをする制度が

充実していない?ほとんどないと感じています。
(一部認知症カフェや同じ立場の人が集まる場所はあります。)

 

この問題は、ご自身の立場がそうなってない人には心に響かない問題だと思います。

私も実際には、24時間自分で介護をしているわけではないので、ご自宅で24時間介護

している方は私の何百倍の心労を抱えてみえるはずです。

 

実際に直接介護をしていない私でさえ、父母の様子がおかしくなり夜に泊まりに行き

朝になったら自宅に帰り仕事をするようになってから、その後施設にお願いし通算したら

既に4年は経過しています。

 

もちろん仕事はしています。

ただ24時間頭の中から父母のことが離れることはありません。

 

施設にお願いしていても

*いつ電話が掛かってくるのだろう?

*次の病院への付き添い

*ケアマネさん・介護用品レンタル業者さん・施設担当者さんとの担当者会議

*毎月のあちらこちらへの支払い

*入院した時は毎日の顔出し

*父母の日常生活で必要な物の買い出し

などなど・・・書き出したらきりがないのです。

たまには泊まりで旅行?行けるわけないです(;゜ロ゜)
(これは私自身の性格もあります)

 

介護制度も高齢者の増大で大変なのですが、介護している家族の心のケアをする制度が

ないのはどうなの?

市町村の地域包括センターなども介護認定前や相談に行けば、相談にはのってくれるのか

もしれません。では車などの足がない人はどうしたらいいの?

その情報さえ耳に入らない人達も沢山いるようです。

 

これからますます高齢者が増える中、介護する側の心のケアについても大きな問題となり

充実する社会になることを希望します。私もその協力者にならないといけないとも考える

ようになりました。

 

現在の私は、心あたたかい施設の方々の手厚い両親の介護のおかげで感謝の気持ちで

毎日をすごしています。

今は両親の実態は書きませんが将来書かせていただきたいと思っています。

 

いろいろなことが落ち着きましたら、この経験を生かして今まで以上に、

終活・生前整理・介護などのお困り事を抱える方に心から寄り添える立場になりたいと

考えています。

 

私を支えてくれている皆さんに感謝しながら、本日も笑顔を忘れないように一日を過ごし

ます。皆様も心元気で充実した一日をお過ごし下さい。

最後までお読みいただき有り難うございました。 感謝