人に勧めるからには自分が相続登記しないとね!

Posted on Posted in ブログ&お知らせ, プライベート, 不動産投資 ブログ, 終活・相続 ブログ

おはようございます。ファイナンシャルプランナー&相続診断士、相続の前にもっと大切

な事、人それぞれの終活をサポートしている手島です。

 

今日のお題は「相続登記完了しました」です。

何年もの間、認知症を患い契約能力認められなかった父の所有不動産の相続登記が完了し

ました。

 

数年前から複数の専門家にお願いしてきました・・・

「贈与契約で私に名義を変更できませんか?」

「もう売却したいけど、無理ですか?」

 

答えは全て無理~でした(>o<)

理由は父の売却意思の確認、贈与の意思の確認ができないからでした。

 

お世話になっている司法書士さんに、父の出生から亡くなるまでの全ての戸籍を取り寄せ

てもらい、この不動産に関する遺産分割協議書の作成などをお願いし先日相続登記が完了

しました。確かに費用はかかりますが、複雑すぎてプロにお任せした方がいいですね。

 

 

私の周りにも何年も亡くなった方のまま名義変更をしていない人がおみえになりますが、

費用が掛かるし居住しているから今は問題を感じないから変更しないようです。

 

今回は一つだけ、もし相続登記をせず相続人の誰かが亡くなってしまうと、いろいろな問

題が出てくる可能性があります。先延ばしにすればするほど将来手間がかかったり、分割

などで紛争となる可能性も増えてしまいます。

 

今日は「相続登記はやっぱり実行して欲しい」大切な事をご理解いただきたいため書かせ

ていただきました。

ちなみに私の名義にはしましたが、すぐ売却ができそうもない、俗に言う「負動産」とよ

ばれる部類の不動産です。相続人の姉は説得しましたが「私はいりません」と決意表明す

る物件ですから(笑)→(泣)でございます。

 

令和になり仕事の方針も大きく変化させる予定の手島ですが、今後とも宜しくお願い致します。

本日も最後までお読みいただき有り難うございました。感謝

みなさまも心和やかに良い1日をお過ごしください!