人生会議ってなに?

「想いを繋ぐ終活を日本中のスタンダードに!」を目指す「みんなで終活」です。

「人生会議」ということばを耳にされたことはありますか?

厚生労働省が、人生の最終段階における医療・ケアについて、本人が家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合う取り組み、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」についての愛称を「人生会議」に決定したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところでみなさんは、「もしものこと」を考えたことがありますか?
人生会議のサイトには「心の余裕のある時に、じっくりと考える時間を持ち、そして、あなたの考えを大切な人に伝えてみませんか?」と記されています。

 

人生100年時代になり、人口の中にしめる高齢者の割合がますます増加する中、健康な時期を過ぎた後、悲しいかな徐々に心身が衰えていく人、逆に脳梗塞などを発症し突然自分の意思を誰にも伝えることができなくなる人も現実に多く存在しています。

 

どこかで「自分はそうならない」などと、自分ごとには捉えられないのが人間というものなのかもしれません。しかし、ご本人の延命治療を希望しているのか?希望していないのか?などは、家族で元気なうちに話し合わないと、いざその事態が目の前でおきてしまったときに、笑いながら話し合うことは無理ですよね。これはご本人が年齢を重ねれば重ねるほど、話題としては難しい?いや無理な話題となってしまいます。

 

経験した方にはわかることなのですが、病院で延命について選択を迫られることがあります。介護施設の入所契約の際にも契約書に延命に関して選択する決断をする場面があるのです。

 

筆者が思う一番難しいことは、この決断した延命や治療方法に対して、ご家族間、兄弟姉妹間で「後々揉める事になってしまう」ということです。
決断するときに、家族全員が話し合うために揃う時間があると思いますか?ほとんどのケースでその場に家族全員が揃うことは難しいと思います。

 

そして家族間で何がおきるのか?決断した内容に関して、決断者に後で文句を言う人・・・文句を言われた決断した人の心は穏やかではいられないのです。言った方は、ただその時だけ口から出た言葉でも、言われた方はずっと心に残り消えません。だからこそ、ご両親が元気なうちに笑顔で話せるうちに、将来について話し合って欲しいのです。

 

 

一般的な例です。

ご両親が60代 比較的容易に話合えます。

ご両親が70代 だんだん難しくなってきます。

ご両親が80代 現実的な話になりすぎるため、話し合うのは困難に。

 

この記事をよんでいただいた方の一人でも多くの方が、人生会議について頭の片隅におき、
機会をつくり、家族で笑顔があるうちに話し合う機会をもっていただければ幸いです。

「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」「人生会議」

あなたの困り事の相談を心寄り添いながら聴いていただける専門家を一緒に探しませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「みんなで終活」は「想いを繋ぐ終活を日本中のスタンダードに!」を目指し活動しています。