荒れるお墓

「みんなで終活」は「想いを繋ぐ終活を日本中のスタンダードにする」を目指し活動しています。

テーマは「荒れるお墓」です。

 

少子高齢化のすすむ日本の弊害の一つとして、お墓の管理をする人がいないことがあげられます。

家督相続、長男が本家に住み仏壇や墓守をするのがあたりまえの時代ではなくなり、子供は都会で住宅を構え、仕事をするようになり、実家は空き家、お墓に手を合わせに行く機会も失いお墓も荒れ放題となってしまうことも珍しくない時代となってしまいました。

 

みなさんのご先祖様のお墓は大丈夫ですか?
墓守する子供がいない。
子供は女性がばかりのため、みんな嫁いでしまい墓守をする人がいない。

 

ご両親が健在なうちは、正月やお盆には帰省してお墓参りをしていたが、ご両親が他界されたり介護施設に入所した後は、足が遠のいていき放置となってしまうのも現実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

墓じまいも簡単にはできないのです。
お墓に関わる親族の同意を得る必用があります。
多大な費用負担は誰が?
墓じまいの後は納骨堂?どうしますか?

 

このようなことも家族が元気なうちにしか話し合いや行動ができないのです。
年齢を重ねると心身共に行動ができなくなり、残された遺族が困惑してしまいます。

 

このようなことからも、元気なうちに家族で終活をおすすめしています。

あなたの困り事の相談を心寄り添いながら聴いていただける専門家を一緒に探しませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

「みんなで終活」は「想いを繋ぐ終活を日本中のスタンダードに!」を目指し活動しています。